会社方針

環境負荷の低減を経営課題の一つと位置付けるとともに、人と技術の質を高め、顧客の満足する製品を常に信頼される品質で提供し社会に貢献します。

代表取締役社長メッセージ

CEO

当社は創業40年以上の確かな実績と常により高いレベルの製品、技術への挑戦を続け冷間鍛造金型企業として、お客様からの様々な高度なご用命にお応えし新しい技術にチャレンジしながら新分野にも挑戦を続けてきました。大阪工場、磐田工場、富山工場(トヤマアロイ)3拠点の工場をモノづくりの基本である
「人と技術の質」を永続的に向上させる為に、最新鋭の設備を導入し新たな価値を創造し従業員ひとりひとりが成長し社会に貢献できる企業を目指します。
今後も全社一丸となって、徹底したお客様目線で業務に取り組み「人と技術の質を高め」最高の製品を最速のスピードでご提供いたします。引き続きご指導を賜りますように、お願い申し上げます。

代表取締役社長 麻埜 博文


会社沿革

1975年8月
東大阪市西提本通西1丁目174番地にて資本金300万にて営業所設置
1976年5月
東大阪市玉串町東3丁目5番地66号にて資本金3000万の設備投資にて工場設備
1980年1月
静岡県浜松市長鶴町80番地の1にて浜松工場建設
1985年5月
浜松工場拡張の為、総工費6億円、設備機械4億円にて第五次設備投資に着手、磐田工場とする
1988年12月
株式会社トヤマアロイ設立
1990年5月
磐田工場増設
1993年5月
設備機械 2億円にて第六次設備に着手
1998年5月
設備機械 4億円にて第七次設備に着手
2004年5月
設備機械 3億円にて第八次設備に着手
2008年5月
設備機械 1億円にて第九次設備に着手
2011年9月
設備機械 3億円にて第十次設備に着手